激安・格安パソコン


■激安家電

DVDプレーヤー
DVDレコーダー
ブルーレイプレーヤー

ブルーレイレコーダー

■激安パソコン
デスクトップ
ノートパソコン
中古パソコン
中古デスクトップ
中古ノート

激安プリンター

■激安ディスプレイ
中古ディスプレイ

激安デジタルカメラ
コンパクトデジカメ
一眼レフ

中古デジカメ

激安ビデオカメラ
中古ビデオカメラ

激安PC周辺機器
 

激安・格安パソコンの選び方




デスクトップタイプにせよノートタイプにせよ、最近ではパソコンも一家に一台はあるのではないでしょうか。
価格もずいぶんと安くなって、今では10万円を切るパソコンも珍しくなく、5万円を切る激安・格安パソコンも多くなりました。
ネットのプロバイダーとの契約を一緒にすれば、なんと0円の激安(?)パソコンも見つかります。

ところで、パソコンを購入する時に悩むのが、デスクトップタイプにするかノートタイプにするかということが多いのではないでしょうか。
ノートパソコンなら場所もとらず持ち運びにも便利ですが、ハードディスクの容量や拡張性などを考えれば、デスクトップパソコンの方が有利なようです。
もちろん最近のノートパソコンは性能もよくなって、ちょっとしたデスクトップタイプのものとの格差もなくなってきています。

どちらのパソコンを選ぶかはそれぞれに違うと思いますが、激安・格安でパソコンを探す場合は、やはりデスクトップタイプのパソコンの方が見つけやすいようです。
もちろんノートパソコンも激安・格安のものがかなりありますが、同じ程度の性能を持つパソコンなら、やはりデスクトップタイプの方が激安価格のようです。

激安・格安パソコンを探すときのポイントですが、デスクトップ、ノートタイプにかかわらず、シリーズの中ほどか、少しスペックを落としたものを探せば、かなり激安・格安のパソコンが見つかると思います。

各メーカーはシリーズでいくつかの機種を出していますが、やはり上位機種のパソコンはそれなりの値段がしているので、ハードディスクやメモリーなどの容量を落とした機種や、CPUを少しだけ落としたものなどを探せば、かなりお買い得のパソコンが見つかると思います。

もっとも上位機種の方が処理も速いと思いますが、最近のパソコンは激安だからといってもそれ程動きが遅いわけではなく、普段に使う程度ならまったく差異を感じないと思います。

動画編集や音声処理などを主にされるのなら違いが出てくるとは思いますが、普通に家庭で使うのであれば、最近の激安・格安のパソコンでも問題なく動くと思います。
また、ハードディスクの容量が足らなくなれば、DVDなどに書き出したり、外付けのハードディスクに保存するという方法もあるので、必要以上に大容量のハードディスクも要らないかと思ったりもします。
但し、たくさんのメモリーを使うソフトを動かすことの多い人や、動画などをパソコンの中に保存したいというような人は、やはりスペックをチェックするようにしてください。

 e-best
ベスト電器のショッピングサイトです。
大型量販店だけにパソコンの種類も豊富です。
簡単検索でお買い得のパソコンも探しやすいサイトです。
 VSPEC
BTOパソコンを扱っているサイトで、高級パソコンから激安パソコンまで揃っています。
自作のパソコンキットもかなり激安のものがありますよ。
 ケーズデン
ケーズデンキのショッピングサイトです。
総合家電の量販店だけにパソコンから生活家電まで、とにかく取り扱っている商品が多いのが嬉しいサイトです。今週のチラシ情報もお得です。




ところで、どうしても容量の大きいパソコンや処理速度の速いパソコンを探すのなら、海外メーカーのパソコンを探すのもひとつの方法です。
同じ性能のパソコンを比べてみても、海外メーカーのものはかなり激安・格安のものが見つかると思います。

それと、ノートパソコンの場合はディスプレイが一緒なので、サイズの小さいものを探すようなすれば激安・格安のものが見つかりやすいと思います。
ノートパソコンはサイズが大きくなるのつれて価格も高くなっていくので、あまり大きいサイズのものを選ぶだけでなく、出先でのネット検索や二台目のパソコンとして使う程度なら、ほどほどの大きさのお買い得パソコンを探せると思います。

あと、激安・格安パソコンを探すときのポイントとして、あまりたくさんのソフトが入っていないものを探すようにすることです。
パソコンを買えばいくつかのソフトがはじめからついていると思いますが、ほとんど使わないようなソフトも入っているかと思います。
ソフトは自分の使いやすいものが一番なので、特に使う目的がないようなソフトは一緒に購入しないことです。
激安・格安のパソコンといっても普段使うソフトはオマケで入っていることが殆どなので、不要なソフトを省けるのなら、その分だけでも格安になると思います。

それと、海外メーカーのものも含め、出来るだけたくさんの機種をあたってみることも、激安・格安パソコンを探すときのポイントだと思います。
お店やショッピングサイトによって、同じ性能のパソコンでもかなり値段が違うので、面倒ですが色々比べてみるのがポイントだと思います。